湖東三山百済寺(国史跡) ことうさんざんひゃくさいじ

  • 温泉に近い
  • 夜も楽しめる(ライトアップあり)
  • 滝がある
  • 駅・バス停・ICから近い(20分以内)

見頃状況

{{obs_date}}現在

{{zikkyo_list[0]['rank_txt']}}{{zikkyo_list[0]['rank_detail_txt']}}

{{zikkyo_list[0]['rank_txt']}}
{{zikkyo_list[0]['rank_detail_txt']}}

{{zikkyo_list[0]['rank_txt']}}

コメント
コメント

{{jikkyo_comment}}

閉じる

見頃予想

見頃{{migoro_date}}頃〜

落葉{{rakuyo_date}}頃〜

1時間毎

3時間毎

週間天気


  • (曜日)
  • {{item.date}}{{item.youbi_str}}
  • 時間
  • {{item.time}}時
  • 天気
  • 気温(℃)
  • {{item.temp}}℃

  • (曜日)
  • {{item.date}}{{item.youbi_str}}
  • 時間
  • {{item.time}}時
  • 天気
  • 気温(℃)
  • {{item.temp}}℃

  • (曜日)
  • {{item.date}}
    {{item.youbi_str}}
  • 天気
  • 最高気温(℃)
  • {{item.high}}℃
  • 最低気温(℃)
  • {{item.low}}℃

滋賀県東近江市の10日間天気はこちら

最近のリポート

見どころ紹介

所在地

交通案内

見どころ紹介

百済寺は金剛輪寺、西明寺とともに湖東三山と呼ばれています。近江最古級の古刹で、推古14年(606)に聖徳太子の御願により百済人のために創建されました。室町時代の最盛期には1000余りの坊舎を有する巨大寺院となりましたが、織田信長の焼き討ちなどでほとんどの建物が焼失しました。あの辛口の宣教師ルイス=フロイスが「地上の天国一千坊」と絶賛した光景は石垣参道から偲べます。本堂、仁王門、山門などが江戸時代に再建されました。現在もなお、百済寺の光景は五木寛之著「百寺巡礼」第35番のお寺として詳しく紹介され、また、白洲信哉氏「古都逍遥」で庭園美を絶賛されています。庭園の池に映る紅葉や古びた石垣沿いの紅葉など楽しむことができます。先年、「国史跡」に指定された83haの広大な境内地に自生する5000本以上の落葉樹群は四季を通じて「百彩の美」を放っております。※特別拝観:本尊脇侍の如意輪観音と極彩色の聖徳太子像を12/31まで公開追加料金なし。
ライカ Μ2 さん

スポット情報

例年の見頃
11月中旬〜12月上旬
紅葉の種類
ヤマモミジ、イロハモミジ、ハナノキ、イチョウ、ミツマタ、ドウダンツツジなど約2300本
ライトアップ
2021年度はコロナ禍対応でライトアップは中止します。
期間中の人出
70000人
絶景ポイント
石垣参道、仁王門前、天下遠望庭園、赤門前、本堂の石垣下、鐘楼脇、百済に向かう夕陽(展望台)ほか

周辺スポット

道の駅マーガレットステーション、永源寺、永源寺温泉(八風の湯)

住所

〒527-0144

滋賀県東近江市百済寺町323

MAP

お問い合わせ

百済寺

電話番号
0749-46-1036
公式サイト
http://www.hyakusaiji.jp/

入場料

大人600円、中学生300円、小学生200円
※入場料の有無・金額について:2021年8月時点の情報です

入場可能時間

制限なし、8:30〜17:00

電車

JR西日本びわこ線近江八幡下車→近江鉄道八日市下車→ちょこっとバス、ちょこっと予約タクシー(愛東1線)「百済寺本坊前」下車すぐ、JR西日本びわこ線能登川下車→近江バス「百済寺本町」下車→徒歩15分

名神八日市ICよりR307号経由で約10分または、名神湖東三山スマートICよりR307号線経由で約8分

駐車場

乗用車220台、大型バス20台(無料)