facebook line twitter mail

桜島|火山情報

2021/09/24 16:00 ウェザーニュース

火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続。 南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

姶良町(北側)からの最新映像

WITHレーダー監視中です

WITHレーダーとは>>

気象庁の火山解説

火山活動の状況

桜島では、13日03時頃から山体膨張を示すわずかな地殻変動が観測されていましたが、21日16時頃から鈍化した状態となっています。これまでの山体膨張が一度に解消されるような噴火が発生すると、2018年6月16日の南岳山頂火口における噴火のように、多量の降灰及び小規模な火砕流を伴う可能性があります。また、やや規模の大きな爆発が発生し、火口から1kmを超えて大きな噴石が飛散する可能性もあります。

南岳山頂火口では、昨日(23日)01時10分に噴火が発生し、噴煙が火口縁上1100mまで上がりましたが、山体膨張は解消されていません。
また、同火口では、夜間に高感度の監視カメラで火映を観測しました。

火山性地震は少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。

GNSS連続観測では、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部の膨張を示す基線の伸びは、2021年6月頃から停滞しています。

桜島では、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部にマグマが長期にわたり蓄積した状態であり、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は2020年9月下旬以降概ね多い状態が続いています。南岳山頂火口を中心に、噴火活動が再び活発化するおそれがありますので、今後の火山情報に注意してください。

火山性地震、爆発の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

火山性地震 爆発
9月20日 3回 0回
21日 10回 0回
22日 7回 0回
23日 2回 0回
24日15時まで 0回 0回

防災上の警戒事項等

南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

過去の大噴火│2013年8月18日

box3
nenekoさんのウェザーリポート

大量の噴煙が鹿児島市内に

2013年8月18日(日)16時31分頃、桜島(昭和火口)で当時、観測史上最大規模の噴火が発生。煙高度は火口上5,000m(海抜6,000m)まであがり、北西方向である鹿児島市内に流れました。鹿児島市内のウェザーリポーターの皆さんからも多くの報告が届きました。

box4

生活にも大きな影響

ハリ→さんのウェザーリポート
「鹿児島市内は、運転出来ないくらいの灰が降ってますみなさん、気をつけて下さい」
みんとさんのウェザーリポート
桜島の北西にあたるエリア(特に鹿児島市)には大量の火山灰が降りました。市街地の上空は暗くなり、一時的に視界が悪化。傘をさして灰を避ける通行人やライトを点灯する車が目立ちました。

鹿児島に滞在する方へ

box5

火山灰から身を守る方法


できるだけ外出を控える
ゴーグル&マスク装着
激しい運動は避ける


火山灰はとても小さく、トゲトゲしているため、喘息の発作が起きやすくなります。また運動などして呼吸が荒くなると肺の奥まで入りやすくなるので、激しい運動は厳禁です。マスクがない場合は濡れたハンカチで鼻と口を押さえましょう。

目が痛くなることも。目の表面に傷がつくと、結膜炎にもなるおそれがあるので、ゴロゴロしたらこすらず水で洗い流し、コンタクトレンズなら眼鏡に変えることをオススメします。

部屋の中に入れない

・火山灰が降っている時は、ドアや窓を閉める。出来るだけ外に出ない。
・ドアや窓の隙間、通気口など、テープや湿ったタオルでふさぎ、掃除をする時は火山灰を軽く水でしめらせると集めやすくなります。
・家に入る時は上着を払いましょう。

━━━愛車を守るために━━━

雨の日はスリップ注意!
ワイパー厳禁
視界不良に注意


・火山灰は湿ると路面が滑りやすくなります。
・火山灰はガラスでできているので、ワイパーを使用するとフロントガラスが傷つき、かえって見えなくなります。ハケなどで乾いているうちに払い落とすか、濡れている時は水で手洗いをオススメします

━━おさまっても油断禁物━━

雨が降る前に掃除を

火山灰が雨水を含むと、側溝などにこびりつき、排水できずに溢れ、泥流が発生する原因になります。火山灰がおさまったら、市指定の火山灰収集袋に集めて、掃除を心がけましょう。もちろんマスク&ゴーグルは装着で!