現在発生中の線状降水帯

{{tstr}}
  • 線状降水帯(気象庁解析)
  • 線状降水帯(ウェザーニュース解析)
画面上に「ピンクの点滅」が見られる場合
・ウェザーニュースが独自に「線状降水帯」が発生している(または、発生しつつある)と解析したエリアで、該当地域では激しい雨が続いていることを示しています。
・10分毎の降水量(実況)と、強雨の継続時間(予想)を元に解析しています。
・検知されると、表示は3時間継続します。強雨が長時間続いた場合は、地盤の緩みや河川の増水はしばらく続きます。該当エリアでは、雨が止んでも引き続き注意が必要です
画面上に「赤い丸」が見られる場合
気象庁が発表した線状降水帯の雨域を示しています。

線状降水帯とは、非常に発達した帯状の雨雲のことをいいます。

はじめに、非常に発達した積乱雲が風上側で発生し、激しい雨を降らせます。
この雨雲が上空の風に流されて、風下側へ移動する。
この一連の流れが連続して発生し、継続することによって、帯状に非常に発達した雨雲が見られるようになります。

その雨雲の下では、猛烈な雨が数時間にわたって降り続くことがあり、災害の発生につながるおそれがあります。

線状降水帯の詳しい発生メカニズム≫