緊急地震速報サービス The Last 10-Second

緊急地震速報サービス”The Last 10-Second”は、地震の揺れを察知し、素早くお知らせするサービスです。
このサービスは、2006年11月から先行的に事業者へ提供しており、2007年10月から一般への提供が開始されるに伴い、個人向けの『防災』に役立てていただくため、インターネット「ウェザーニュース」内の地震Ch.にて、開始しています。最後の10秒で何ができるのか?一緒に考えていきましょう。
これはウェザーニュース会員(月額315円)の皆様向けのサービスです。
緊急地震速報とは?
サービスイメージ画面大きな画像で見る

サービス利用環境について

専用回線・専用機器は使いません。ご自宅にあるインターネット回線・パソコン端末等の身近な環境を利用します。専用アプリケーションをダウンロードし、『現在位置』『通知してほしい震度・マグニチュード』『通知の際の音量』などを入力し、初期設定を行います。緊急地震速報が発令されると、パソコンのデスクトップ上に警告音とともに警告画面が出てお知らせします。また「訓練モード」もあり、地震発生を想定してシミュレーションすることもできます。※ Windows7 (32bit/64bit)に対応しました。

アプリケーションをダウンロードする