facebook line twitter mail

台風8号 午後は関東の沖を北上 東北上陸は明日の明け方か

top

2021/07/27 10:21 ウェザーニュース

7月27日(火)9時現在、台風8号(ニパルタック)は千葉県銚子市の東南東の海上でほとんど停滞しています。風速15m/s以上の強風域が非常に広く、東北南部と関東の全域や、東北北部、北陸、東海の一部などがその中に入っています。

この後は進路を北に変えて午後は関東の沖を北上。明日28日(水)の明け方から早朝にも東北地方の太平洋側に上陸する見込みです。

顕著な発達は予想されていないものの、接近前から断続的に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。台風の中心から離れたところで雨や風が強まる場合があるため、進路だけにとらわれず、雨雲レーダーなどで最新の状況を確認してください。

▼台風8号 7月27日(火)9時
 存在地域   銚子市の東南東約190km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     ほとんど停滞
 中心気圧   990 hPa
 最大風速   20 m/s
 最大瞬間風速 30 m/s
>>最新の台風情報

中心から離れた所に活発な雨雲

box0
雨雲の様子 27日(火)10時00分
台風の中心から少し離れた所に活発な雨雲の帯が形成され、東北から関東、北陸などに広がっています。10時までの1時間では岩手県普代村で10.5mm、青森県八戸市で8.0mm、新潟県上越市・高田で4.0mmの雨を観測しました。

また、風も強まっていて、最大瞬間風速は千葉県銚子市で25.8m/s、北海道えりも岬で21.6m/s、福島県いわき市小名浜で16.5m/sを観測しています。

午後以降も台風の中心から離れたところで雨や風が強まる所があるため、進路だけにとらわれず、雨雲レーダーなどで最新状況を確認するようにしてください。
>>最新の雨雲レーダー

雨に慣れていない地域 大雨に警戒

box2
28日(水)未明の雨の予想
台風が近づく今夜以降は特に東北の太平洋側で雨が強まります。非常に湿った空気が東から吹き込むため、特に山の東側に開けた斜面では雨雲が発達しやすく、局地的には1時間に80mmの猛烈な雨になるおそれがあります。

これらの地域は西日本などの多雨地域と比べると、川の許容流量や地盤の強化状況などが違うため、少ない雨量で土砂災害や洪水などの被害が発生してもおかしくありません。

増水した川や水路等に近づくと危険ですので、様子を見に行ったりしないでください。また、冠水した道路等では側溝などとの境目がわかりづらくなり、車や人が転落して流されるおそれがありますので、荒天の最中はむやみな外出はおやめください。夜間帯が雨のピークになりますので、雨への備えや避難などは明るいうちに済ませる必要があります。

風も強まり、交通機関に影響も

台風8号はこのあとも顕著に発達することなく、暴風域を伴わずに接近してくる予想です。

暴風により大規模な停電などの被害が発生する可能性は低いとみられますが、倒木などによる局地的な停電が発生するおそれがあります。また、東北地方ではJRが今日27日(火)午後の運転取りやめを発表するなど、交通機関に影響が出ています。移動の予定がある方は、最新情報をホームページなどで確認して、予定の変更を検討することもおすすめします。

強い風が吹いている間は、飛来物などに十分注意してください。
>>台風8号による各地への詳しい影響予測(会員メニュー)

福島、宮城に上陸すれば統計史上初

台風といえば日本付近では西から東に進むことが多いイメージですが、台風8号は東日本に東側から接近してくる予想です。北上を阻む太平洋高気圧の存在と、寒気のかたまり「寒冷渦」による風の流れが影響しています。

本州付近に東から接近してくる台風は多くなく、近年では、岩手県に統計史上初めて上陸した2016年の台風10号や、三重県に上陸して西日本を東から西に縦断した2018年の台風12号などがあります。

もし、台風8号が福島県、宮城県に上陸した場合、統計記録が残る1951年以降では初めてのこととなります。
>>台風情報をアプリで見る

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風8号の名前「ニパルタック(Nepartak)」はミクロネシアが提案した名称で、有名な戦士の名前からとられています。

リンク ウェザーニュースアプリをDLリンク 台風アラーム

ウェザーニュースアプリでお天気アラームを設定すると、今いる場所の天気・台風・地震・津波などの情報をいち早くプッシュ通知で受け取れます。

このニュースをSNSでシェア