facebook line twitter mail

桜開花予想2018【西日本編】

top

2018/02/15 12:51 ウェザーニュース

3月前半まで度々寒気が流れ込むため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。3月後半になると、周期的に暖かくなり、つぼみの生長はだんだん加速するものの、桜の開花は例年並〜やや遅い予想です。
※例年…過去5年平均

近畿の開花予想

box0

和歌山県から開花!京都市は4月に入ると見頃に

今年は例年並かやや遅い開花となりそうです。近畿は、2月上旬まで度々寒波に見舞われ、平年より寒い日が多くなりました。このため、休眠打破は完了しているものと見られます。
この先の気温は、2月は平年より低く、3月は平年並か低い予想です。特に、3月上旬にかけて寒気が流れ込みやすいため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。3月中旬から晴れて暖かい日が増えて、つぼみの生長はだんだん加速し、一部の名所では例年並の開花となる見込みです。ただ、低気圧や前線の通過によって雨や風の冷たい日もあり、例年より遅い開花の所が多くなりそうです。
3月25日頃、和歌山市付近から開花が始まり、大阪城(大阪府)は3月28日に開花の予想です。4月上旬にかけて、近畿北部や山沿いへ開花エリアが広がります。京阪神エリアの桜は4月上旬に見頃を迎える所が多くなりそうです。
>>近畿のお花見スポットを検索

中国四国の開花予想

box1

高知県から開花スタート!4月上旬には各地で見頃に

今年は例年並かやや遅い開花となりそうです。中国・四国は、2月上旬まで度々寒波に見舞われ、平年より寒い日が多くなりました。このため、休眠打破は完了しているものと見られます。
この先の気温は、2月は平年より低く、3月は平年並みか低い予想です。特に、3月上旬にかけて寒気が流れ込みやすいため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。3月中旬から晴れて暖かい日が増えて、つぼみの生長がだんだん加速し、例年並の開花となる所が多い予想です。ただ、低気圧や前線の通過によって雨や風の冷たい日もあり、例年より遅い開花となる所もありそうです。
3月22日開花予想の高知公園(高知県)から咲き始め、25日頃から開花ラッシュとなる見込みです。4月上旬には、各地でお花見を楽しめる所が多くなりそうです。
>>中国のお花見スポットを検索
>>四国のお花見スポットを検索

九州の開花予想

box3

九州北部を中心に開花!お花見は3月末から

今年は例年並の開花となる所が多い見込みです。九州は、2月上旬まで度々寒波に見舞われ、平年より寒い日が多くなりました。このため、休眠打破は完了しているものと見られます。
 この先の気温は、2月は平年より低く、3月は平年並か低い予想です。特に、3月上旬にかけて寒気が流れ込みやすいため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。ただ、開花直前の時期となる3月中旬から寒さが和らいでいくため、つぼみの生長はだんだん加速していきます。このため、桜の開花は例年並の所が多い見込みです。
 3月21日開花予想の舞鶴公園(福岡県)から咲き始め、熊本城(熊本県)や西都原古墳群(宮崎県)など3月中に次々と開花していきます。3月末から4月初めに満開を迎える所が多くなりそうです。
>>九州のお花見スポットを検索

box4
主要名所の開花予想
  • お天気トピックス
    もっと見る

  • 公式SNSアカウント