facebook line twitter mail

桜開花予想2018【北日本編】

top

2018/02/15 11:27 ウェザーニュース

北日本も、3月前半まで冬型の気圧配置になる日が多いため、気温は平年並か低く、つぼみの生長はゆっくりです。ただ、開花が近づく4月に入ると、春らしい陽気となる日が増えるため、つぼみの生長が加速し、例年並の開花となる所が多い見込みです。弘前公園(青森県)は、GW前に満開を迎えるため、GWは早めのお花見がおすすめです。五稜郭公園(北海道道南)は、4月下旬に咲き始め、GWいっぱいお花見を楽しめそうです。
※例年…過去5年平均

北海道の開花予想

box0

開花前線は4月25日頃、道南に上陸!

今年は、例年並の開花となる所が多い見込みです。北海道は、昨年11月から2月上旬にかけて平年並の寒さの日が多く、12月上旬に寒波を迎えるなど、早い時期から冬らしい寒さとなりました。このため、休眠打破は十分に行われているものと見られます。
北海道は、3月中旬にかけて度々寒気が流れ込み、気温は平年並か低い予想です。このため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。ただ、3月下旬からは周期的に高気圧に覆われ、晴れて暖かい日が増えるため、つぼみの生長がだんだん加速します。特に、4月から5月初めにかけての気温は平年並か高く、晴天と暖かさが後押しし、桜の開花は例年並となる所が多い見込みです。

開花前線は、4月25日頃に津軽海峡を渡って渡島半島に上陸します。五稜郭公園(函館市)は、4月26日に咲き始め、GWは期間を通して見頃の桜を楽しめそうです。札幌市は5月初めから咲き始め、GW終盤にはお花見を楽しめるようになる見込みです。その後、5月中旬にかけて、道北や道東へと開花エリアが広がっていきます。
>>北海道のお花見スポットを検索

東北の開花予想

box1

東北南部は4月上旬に開花!弘前公園、GWは早めのお花見がおすすめ

今年は、例年並の開花となる所が多い見込みです。東北は、昨年11月から2月上旬にかけての気温が平年並か低く、12月上旬から度々寒波に見舞われ、早い時期から冬らしい寒さとなりました。このため、休眠打破は完了しているものと見られます。
東北は、3月中旬にかけて度々寒気が流れ込み、気温は平年並か低い予想です。このため、つぼみの生長はゆっくりとしたペースになりそうです。ただ、3月下旬からは周期的に高気圧に覆われ、晴れて暖かい日が増えるため、つぼみの生長がだんだん加速します。4月の晴天と暖かさが後押しし、桜の開花は例年並となる所が多い見込みです。

4月6日頃、福島市付近から開花が始まり、白石川堤一目千本桜(宮城県)は4月7日に開花の予想です。東北南部の早い所では4月10日前後から見頃となり、東北北部では、4月中旬から開花が始まり、4月下旬になるとお花見を楽しめる所が増えていきます。弘前公園(青森県)は4月21日に開花し、GW前に満開を迎える見込みのため、GWは早めのお花見がおすすめです。
>>東北のお花見スポットを検索

box2
主要名所の開花予想
  • お天気トピックス
    もっと見る

  • 公式SNSアカウント