facebook line twitter mail

噴火警戒レベルと火山活動の関係

2017/10/10 19:51 ウェザーニュース

火山噴火の危険が高まった際に出される火山情報。この中で出てくる「噴火警戒レベル」とその関係についてまとめました。
気象庁では火山活動の状況に応じて噴火警戒レベルを5段階に区分して発表しています。

「警戒が必要な範囲」と「とるべき防災対応」

box0
危険範囲や必要な防災対応を5段階で解説しています。

■レベル5(避難)
<火山活動の状況>
居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態にある。
<住民&登山者へ>
危険な居住地域からの避難が必要。
<対象範囲>
居住地域含む

■レベル4(避難準備)
<火山活動の状況>
居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想される。
<住民&登山者へ>
警戒が必要な居住地域での避難の準備。災害時要援護者の避難等が必要。
<対象範囲>
居住地域及びそれより火口側

■レベル3(入山規制)
<火山活動の状況>
居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生が予想される。
<住民&登山者へ>
住民は平常どおりの生活が可能。ただし、状況に応じて災害時要援護者の避難準備等が必要。登山禁止や入山立入規制等、危険地域への立入規制があります。
<対象範囲>
火口から居住地付近まで

■レベル2(火口周辺規制)
<火山活動の状況>
火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生、または発生すると予想。
<住民&登山者へ>
住民は平常どおりの生活が可能。ただし火口周辺への立入規制があります。
<対象範囲>
火口周辺規制

■レベル1(活火山であることに留意)
<火山活動の状況>
火山活動は静穏。火口内や一部火口の外に火山灰の噴出がみられる可能性があります。
<住民&登山者へ>
状況により火口内への立入規制があります。
<対象範囲>
火口内

周辺地域に行かれる場合は、入山規制や避難場所を事前に確認した上で行動することを心がけて下さい。

参考資料など

気象庁:噴火警戒レベルの説明
  • お天気トピックス
    もっと見る

  • weathernewsのtwitterアイコン

    毎日の天気から防災・地震速報まで
    役立つ情報を日々配信中!

  • 公式SNSアカウント