facebook line twitter mail

水が無いワケではない!?水無月の由来

top

2017/06/07 05:13 ウェザーニュース

6月といえば、やっぱり梅雨。これから雨の多い季節となります。
しかし、6月の別名は「水無月」。毎日のように雨が降るのに、どうして水が無い月…?

そこで今回は、水無月の由来をご紹介します。

無しと読むのではなく

box0
ターキーさん(山梨県)
陰暦6月を水無月と呼ぶようになった理由はいくつかあります。
冒頭でも言った通り、6月といえば、毎日のように雨が降る梅雨の季節。
ではなぜ「水無月」となったのでしょう?

実はここで使われる「無」は「無い」という意味ではありません。
連体助詞「の」の意味合いで使われています。

つまり「水の月」ということになります。
陰暦の6月は、今で言うと6月下旬〜8月上旬くらいにあたり、田んぼに水を引く時期。
そこから水の月、水無月としたようです。

ちなみに、同じ理由で神無月も神が無い月ではなく、「神の月」となります。

いやいや、やっぱり水は無い?

box1
夕陽スナイパーさん(東京都)
「なんだ、水が無いわけじゃないのか!」と思わせておいてなんですが、実は水がない月だからという説もあるんです。
陰暦の6月は、新暦の6月下旬~8月上旬頃と説明しましたよね。となると…梅雨が明け、ギラギラと太陽が照りつける夏に突入しているわけです。暑さで水が干上がる、すなわち水が無くなるということから「水無月」になったそうです。

達成感!!

box2
森のくまさん(山形県)
水のある、なしからちょっと離れたものも。
この時期は、田植えという大仕事がちょうど終わった頃にあたります。
そこから、すべて終わった→皆やり尽くした→皆仕尽(みなしつき)→みなづき
と変化して「水無月」になったという説もあります。

自然と寄り添う生活から生まれた

box3
コロママさん(長野県)
いかがでしたか?昔の言葉の由来などを調べると、意外に面白い発見があったりします。
今回の水無月の由来からは、昔の人がどれだけ自然を身近なものとして生活していたかがわかります。

便利な時代を生きる私たちは、「自然と寄り添いながら生きている」という意識がちょっと薄くなっているかもしれませんね。

参考資料など

【参考・参照元】
池田市立図書館「としょかんのへや」https://lib-ikedacity.jp/room/2016/05/no122.html
  • お天気トピックス
    もっと見る

  • weathernewsのtwitterアイコン

    毎日の天気から防災・地震速報まで
    役立つ情報を日々配信中!

  • 公式SNSアカウント
  • アナタのスマホに