ウェザーニュース
花見・桜名所
現在掲載している情報は2022年春の情報です。
来シーズンの情報は2023年2月に掲載予定です。

戻る

きんぷせんじ金峯山寺の桜

最終取材日:4月14日

葉桜

  • つぼみ
  • 開花
  • 満開
  • 葉桜

※ この名所は(シロヤマザクラ)の予測・取材を行っています

天気予報

1時間ごと

3時間ごと

週間天気

{{item.date}}{{item.youbi_str}}
{{item.time}}
天気
気温 {{item.temp}}
{{item.date}}{{item.youbi_str}}
{{item.time}}
天気
気温 {{item.temp}}
{{item.date}}{{item.youbi_str}}
天気
最高 {{item.high}}
最低 {{item.low}}

見どころ紹介

※今年も新型コロナウイルス感染拡大防止等の影響で、すぐに情報が更新されない場合がございます。開園時間・休園日などの情報は各名所の公式サイトと合わせてご確認ください。

国宝蔵王堂前から南朝妙法殿(三重塔)を見下ろすと、南朝皇居址の建物に桜と新緑の杉木立が重なる光景は、まさに絶景。夕刻には夕陽も重なり、南朝の悲しい歴史に相まって、哀愁を感じさせてくれます。吉野山の桜の根源とも言うべき、金峯山寺の秘仏御本尊金剛蔵王大権現(重文)の特別ご開帳が3月26日から5月8日まで行われ、訪れた人はその大きさ、その忿怒の形相荒々しい青黒いお姿に圧倒されるでしょう。

例年の見頃

4月上旬

桜の種類

シロヤマザクラ

桜の本数

30000本

ライトアップ

蔵王堂のライトアップは年中日没〜日の出まで

さくらまつり詳細

4月10日:花供千本搗き(13:00〜)・女人護摩供(14:00〜)。4月11日〜4月12日:大名行列(10:00に竹林院出発)、花供懺法会(行列が蔵王堂に到着後)、御供撒き(13:00〜)。

名所に関する情報

さくら名所100選

世界遺産

夜桜

さくらまつり開催

桜並木

駅チカ

宴会OK

お花見期間の
混雑度

平日:意識しなくてもソーシャルディスタンスが取れる密度
休日:意識すればソーシャルディスタンスが取れる密度

※2019年(新型コロナウイルス流行前)までのお花見期間の混雑度です

所在地

〒639-3115
奈良県吉野郡吉野町大字吉野山2498

地図を見る

入場時間

制限なし(蔵王堂の拝観は8:30〜16:00)

入場料

境内無料、蔵王堂の拝観料800円、ご開帳時の拝観料1600円

お問い合わせ

金峯山寺
TEL:0746-32-8371

ホームページ

交通案内

電車

近鉄日本鉄道吉野線吉野駅より千本口駅まで徒歩3分、千本口駅からケーブルカーで3分、山上駅下車後、徒歩10分

南阪奈良道葛城ICより (50分)
名阪国道針ICより (65分)

駐車場

吉野山観光駐車場(金峯山寺まで徒歩20分):400台収容・普通車1500円(原則3月の最終土日から5月のゴールデンウィーク終了までの期間)

その他の
観光施設

下千本、中千本、上千本、奧千本などの桜の群落・吉水神社・如意輪寺・吉野水分神社・吉野神宮・金峯神社・西行庵など多数有り

全国約1000地点の花見・桜名所の情報や天気予報を掲載

(お知らせ)新型コロナウイルス対策関連▶︎