時間雨量75mmを迎え撃つ!! 東京都下水道局の“地下砦”の全貌

かつては頻繁だった都内の浸水・冠水が近年、確実に減ってきた。1時間雨量50mmを超える豪雨が増えたにもかかわらずである。大きな効果を発揮しているのが、東京都下水道局が進めてきた地下貯留施設だ。

“インスタ映え”間違いなし! ペンギンが空を飛ぶ「3つの秘密」とは?

ペンギンが空を飛ぶ?――東京・池袋にあるサンシャイン水族館の新展示は連日、長い行列ができるほどの人気だ。7月にリニューアルした屋外エリア「マリンガーデン」“天空のペンギン”は世界初の展示方式といわれている。ウェザーニュースキャスターの角田奈緒子さんが初レポートに挑戦!

最悪の状況下で知っておきたい! 究極の“生存術”ベスト3

地震や津波などの大きな災害が起きた後、直ちに救援・支援を受けられるとは限りません。今回は防災月間にちなみ、災害時に、孤立した、避難所に入れないというような厳しい状況下で生き延びるための究極の生存術を紹介します。

ウェザーリポーター投稿フォト〜山嶺と秋空のシンフォニー! とびきり20選

ドイツの詩人、カール・ブッセの『山のあなた』という有名な作品があります。日本ではやはり詩人の尾崎喜八の名著『山の絵本』が知られています。どちらも山と空と雲の深いつながりから生まれる五感の波動が込められています。ウェザーリポーターによる「山と空のシンフォニー」をお届けします。

63年前の洞爺丸事故に隠された“気象のミステリー”

会員専用

1954(昭和29)年9月26日、青函連絡船の洞爺丸(とうやまる)が台風の直撃を受けて沈没した。死者・行方不明者は合わせて1155人に及び、日本海難史上最大の事故となった。なぜ大惨事が引き起こされたのか、その謎に迫る。

【三浦豪太】天気予報とエベレストの大渋滞

会員専用

父・三浦雄一郎氏とともに過酷な冒険を続ける三浦豪太氏(プロスキーヤー・登山家・博士〈医学〉)が大自然の気象世界を描く、貴重なノンフィクション。今回はエベレストを舞台に、20年前の大事故の教訓を語る。天気予報の進化が生んだ新たな危険とは!?

【Q&A】人前で話すのが苦手な「あがり症」の克服法は?

こころの病(やまい)や不調はありませんか? 季節や天候に起因することもあります。「こころの健康気象」は、精神科医師の吉田勝明さん(横浜相原病院院長)が悩みにズバリ答えます。

“空の写真家”登場! 空と雲を撮り続ける理由とプロの写真術

会員専用

『空の色』『空の鼓動』など、空の写真集、写真詩集で、圧倒的な人気を誇る写真家・HABUさん。人の心を深く動かす写真家の心の在り処をインタビュー。空の撮影術も教わりました!

「秋の長雨」、別名は「◯◯梅雨」? ほか全5問

会員専用

9月の異名は「長月」です。夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」からきているとか。今回は、秋雨前線、菊、中国の月見など秋にまつわる5問を用意しました。

青山の並木道と空に隠された、造園師の仕掛け

“SORA道カメラマン”の晴山順平さんが東京のとっておきの「空」と「道」を紹介する! 第6回は地形的にも起伏の激しい青山エリアへ。そこには綿密に計算された人工自然美があった!

月刊SORAとは