消えたポテトチップス、再発売はいつ?

今春、スーパーやコンビニの菓子売り場からポテトチップス(以下ポテチ)が次々に姿を消した。定番商品は並んでいるのだが、消えたポテチのファンは首を長くして再発売を待っている。なぜポテチは消えたのか? そして再発売はいつになるのか?

空と遊ぼう! 鳥肌アスレチック「マッスルモンスター」突撃取材

会員専用

大きな空と緑の森が、目の前、いや足元に広がっている! ドイツをはじめ海外で人気に火がつき、今春、日本に初上陸(アジア初)した超絶アスレチック「マッスルモンスター」。スリルを超えた何かが体験できるという噂を聞いて、ウェザーニュースキャスターの眞家泉(まいえいずみ)さんが挑戦してきました!

雨の日が楽しくなる! 傘の話5選

会員専用

梅雨どきはどうしても外出が億劫(おっくう)になりがちです。今回は、そんな雨の日も気分よく過ごせる楽しくて便利な傘や、傘にまつわる話を紹介します。

ウェザーリポーター投稿フォト〜百雲繚乱(ひゃくうんりょうらん)! とびきり20選

6月は雲が面白い。日本の上空には強い偏西風が吹き、梅雨前線が日本海を北上し、低い雲、黒い雲が南東から北西に流れ、湿った大気と太陽が織りなす「雲の天空シアター」が繰り広げられます。ウェザーリポーターの投稿から厳選した“雲の百態”へご招待します!

いま、酸性雨はどうなっているのか?

会員専用

「樹木が枯れる」「雨が目にしみる」など、1970年代から被害報告が相次いだ酸性雨。ところが、2000年以降は酸性雨が話題にのぼることが少なくなった。酸性雨はいま、どうなっているのだろうか。

【三浦豪太】登山における“晴耕雨読”の極意

会員専用

父・三浦雄一郎氏とともに過酷な冒険を続ける三浦豪太氏(プロスキーヤー・登山家・博士〈医学〉)が、これまで体験した危険が多い辺境の大自然の気象世界を描く、貴重なノンフィクション。連載第3回目は生死を分ける山での天気との付き合い方。“晴耕雨読(せいこううどく)”の極意とは!?

【Q&A】梅雨どきに気分などがすぐれない「気象病」とは?

こころの病(やまい)や不調はありませんか? 季節や天候に起因することもあります。「こころの健康気象」は、精神科医師の吉田勝明さん(横浜相原病院院長)が悩みにズバリ答えます。

絶景プロデューサーに聞いた!! お天気と絶景は“恋人”!?

会員専用

70万人以上の「いいね!」を獲得しているFacebookページ『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』のプロデューサー詩歩さん。「世界中を鳥のように駆け巡って、美しい景色をこの目で見たい」という詩歩さんに天気にまつわる絶景のエピソードや絶景旅のコツを聞きました。

「梅雨入り」はどうやって決めるの? ほか全5問

会員専用

6月は梅雨の時季ですね。梅雨入りの定義やアジサイ、父の日などにまつわるトリビアを5つ用意しました。あなたは何問正解できますか?

渋谷スクランブル交差点の空

「東京に空が無い」(高村光太郎『智恵子抄』)と智恵子は嘆いたと言うが、東京にも空はある! 東京の空が広がり、雲の流れる場所で“SORA道カメラマン”の晴山順平さんが首都のとっておきの「空」と「道」を撮る! 第3回は外国人旅行者の人気スポット、渋谷スクランブル交差点へ!

月刊SORAとは