気象のせい?? クマが山から下りてくる!!

今年は春から本州各地でツキノワグマの出没が続き、5月下旬には秋田県で「人食いグマ」も登場。冬眠を前に食いだめする秋には、クマの好物のドングリの不作が予想され、山から下りてくるクマとの遭遇が懸念されている。

秋の雲を探しに犬吠埼へ! バイク空旅

会員専用

風を切り、流れる雲を追いかけて、からだいっぱい秋を感じ取るために、バイクで出かけてみませんか。五感がうずうずしているあなた、部屋を飛び出して大きな空の下へ…。ウェザーニュースキャスターの江川清音(さやね)さんが400ccのバイクを駆って、人気スポットの犬吠埼(いぬぼうさき)へ出かけました。さあ、バイク大好き江川さんと一緒にツーリングの魅力を体感しましょう!

ロードバイクの人気ランキング

会員専用

近年、ロードバイクやクロスバイクに乗る人が増えています。女性の人気も高まっていて、専用モデルをリリースするメーカーもあるほど。白い雲を追いかけながら爽やかな風を体いっぱいに感じて走れば五感が喜ぶシーズンがやってきました。今年の秋はロードバイクに挑戦してみませんか?

サポーターの特選写真10選〜9月編

「秋たつや雨晴れて出る月の冴」「雲走り雲追ひ二百十日哉」「雨晴れてうれしき秋の寒さかな」「ハロを見る秋の夕日や八郎湖」「月一輪星無數空緑なり」(正岡子規)。近代文学に多大な影響を及ぼした正岡子規(俳人・歌人)は、1902年9月19日、35歳という若さで亡くなりました。命日の子規忌には全国の俳句ファンが、こぞって子規をしのぶことでしょう。

「天災は忘れた頃にやってくる」を最初に唱えた寺田寅彦の警句

会員専用

9月1日は「防災の日」、そして9月は「防災月間」だ。今から93年前(1923年9月1日)に発生した関東大震災を忘れないために設けられた。その時代を代表する物理学者・防災学者の寺田寅彦が残した警句から防災・減災の重要性を読み解く。

雨天順延5日間と勝利の女神

会員専用

雨や風などの天候から偶然生まれた名場面をスポーツジャーナリスト・二宮清純氏が解説するスポーツノンフィクション。今回は2014年まで東京ヤクルトスワローズでチームを率いた小川淳司元監督が登場。かつて甲子園で優勝投手となった背景には気象によるドラマがあった。

真夏の寒波!! スウェーデンとクロアチアで降雪

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、2016年7月の世界平均気温は、7月としては観測史上最も暑かったと発表した。だがその一方で、真夏に寒波が襲った地域もあるのだ。

TBS『ひるおび!』お天気キャスターの「天気予報を面白く観る」法

会員専用

テレビの天気予報を数倍、面白く観るコツや、今後の地球の天候の大胆予測まで、お昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)で、丁寧でわかりやすい語り口と穏やかな人柄が人気の森朗さんにあますところなく語ってもらった。

なぜ月はいつも同じ面しか見えないの?

会員専用

酷暑も和らぐ9月。少しずつ秋が感じられる時季ですね。今回は「月」や「食」そして「台風」など秋の始まりにうってつけの三択問題を3つ用意しました。

ソーラー充電ライトで災害に備える!

防災月間にちなんで、スタイリッシュかつ実用的なソーラー充電ライトを紹介しよう。垂直に立てておいても、荷物にぶら下げても充電できる秘密は、球状太陽電池にある。

月刊SORAとは