月刊SORA休刊のお知らせ
患者数は1000万人!? その不調「気象病」かも

季節の変わり目の寒暖差や台風の通過など気象の影響で、めまいや頭痛、関節痛、手足のしびれなどを発症したり、症状が悪化することはありませんか? その不調は「気象病」かもしれません。

密着取材! 地上450m“アオゾラそうじ”の絶叫度

会員専用

東京の新たなシンボル、スカイツリーは自立式電波塔として世界第1位(634m)の高さを誇る。その天望回廊は地上450m。首都を一望できる。その視界を守る“東京アオゾラそうじ”の舞台裏を密着取材した!

今まで勘違いしていた!? マスクの話5選

寒さが増し、乾燥してくるこの時季は、風邪やインフルエンザが流行します。今回は、こうした病気の予防や、人にうつさないためのマスクについて、みなさんが思い違い、勘違いして使っていたかもしれない話を5つ紹介します。

ウェザーリポーター投稿フォト〜錦秋パラダイス! とびきり20選

錦秋というきれいな言葉があります。「きんしゅう」と読みます。錦(にしき)は、さまざまな色糸を用いて織り出された絹織物の総称。錦秋とは、紅葉が錦の着物をまとったような美しさからこのように表現されます。ウェザーリポーターの投稿から厳選した“錦秋の候”をお届けします!

12年前の特急脱線事故で明らかになった気象現象とは!?

会員専用

2005年、暮れも押し詰まった12月25日のクリスマスの夜、秋田県内を走る羽越本線の特急列車が脱線転覆事故を起こした。1両40tを超える6両編成の列車が転覆した原因は何だったのか。

【三浦豪太】気圧と登山の危険な関係

会員専用

父・三浦雄一郎氏とともに過酷な冒険を続ける三浦豪太氏(プロスキーヤー・登山家・博士〈医学〉)が大自然の気象世界を描く、貴重なノンフィクション。命の危険が伴う気圧の低下。低気圧下の高山で実際にあった救出劇とは?

【Q&A】食欲の秋! 大食いがやめられない「過食症」の意外!

会員専用

こころの病(やまい)や不調はありませんか? 季節や天候に起因することもあります。「こころの健康気象」は、精神科医の吉田勝明さん(横浜相原病院院長)がこころの悩みにズバリ答えます。

雲の見方が変わる!? 雲研究者の“雲ヨミ”極意

会員専用

いつも空にある雲。秋のうろこ雲、夏の入道雲、朝陽や夕陽を受けて真っ赤に染まった雲など、さまざまな表情で私たちを魅了する。その一方で、雲は豪雨や大雪、竜巻といった災害をもたらすことも。そんな「雲」の研究を続けている荒木健太郎さんに、知られざる雲の科学と謎に迫った!

ボジョレー・ヌーボー解禁日はなぜ決められているの? ほか全5問

会員専用

秋も深まり、日本の各地でワイン収穫祭が行われています。今回はボジョレー・ヌーボー、ノロウイルス、勤労感謝の日などの5問を用意しました。

ディープな東京をゆく! 浅草ホッピー通りの空

“SORA道カメラマン”の晴山順平さんが東京のとっておきの「空」と「道」を紹介する! 第8回は観光客で賑わう浅草。ホッピー通りに仲見世通りといった東京の源流にあるSORA道とは!?

月刊SORAとは