facebook line twitter mail

浅間山|火山情報

2018/08/30 11:01 ウェザーニュース

8月30日11時00分、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引下げられました。火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性がありますので、火山灰噴出や火山ガス等に注意してください。
最新の浅間山映像

WITHレーダー監視中です

WITHレーダーとは>>

気象庁の火山解説

火山活動の状況

浅間山では、火山性地震が、2018年6月頃からやや少ない状態となり、2018年5月頃からみられていた振幅のやや大きな地震も、8月上旬以降みられなくなっています。浅間山の西側の膨張を示すと考えられる地殻変動は、2018年に入ってから停滞しています。火映は2018年7月19日以降、観測されていません。山頂火口からの噴煙量及び火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、2018年5月頃から、概ね少ない状態となっています。これらのことから、浅間山では火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなったと考えられます。ただし、火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性があります。なお、定期的に発表していた火山の状況に関する解説情報は終了します。

防災上の警戒事項等

・火口から500mの範囲に影響を及ぼす程度のごく小規模な噴火の可能性がありますので、火山灰噴出や火山ガス等に注意してください。
・地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

2015年6月16日の状況

box3
ウェザーニューズでは、長野・群馬のウェザーリポーターの皆さんに「降灰の状況」をお聞きしました。その結果、ごく一部で「灰うっすら」の報告があるものの、ほとんどのエリアで降灰がないことがわかりました。
  • お天気トピックス
    もっと見る

  • Twitterで
    最新情報つぶやき中!
    「この空あの人にも見せたいな…」そんな想いを共感・共有しながら”みんなで作る天気予報”をモットーにお届けしています。 天気・台風・地震・津波などの防災情報や、星空情報・季節の便り等もお楽しみに♪
  • 公式SNSアカウント
  • アナタのスマホに